10年落ちや10万キロを超過した車の売却

10年落ちや10万キロを超過した車の売却でよく勘違いされやすいのが、

査定額がつかない

ということですね。
どのような経緯でこのような噂が広まったのかは分かりませんが、
決して「査定額がつかない」なんてことはありません。

10年落ちや10万キロという数字は、
日本では車の乗り換えの目安とされていますので、
乗り換えの目安=車の寿命=査定額がつかない
なんて構図を勝手に思い描いている方が多いのでしょう。

どんな車でも買い取ってもらえる時代

確かに少し前までは、
10万キロや10年落ちといったような車は、
市場でも買い手がつきにくいことから、
あまり査定額はつかない、なんてこともありました。

しかし、あくまでもこれは昔の話。

現在では、海外からの需要も増え、
また、自動車ユーザーの車に対する認識(車の寿命に対する認識)
も変わったことから、
10万キロや10年落ちといった車でも全然売れるようになったのです。
市場で売れる車には必ず査定額がつきますので、
それと同時に、良い額がつくケースが増えています。

どのように売れば損をしないか

ではどのように売却すれば損せず得をするか。
その辺の車屋に査定してもらう?
違います。

やはり、高く買い取ってくれる業者を見つけることが大切です。
得に年代車や過走行車なんかは、どこでいい額で買い取ってもらえる
わけがありません。

この車が欲しい!

そう思っている業者を見つける必要があるんですね。
そこで手っ取り早くそのような業者を見つけることができるのが、
「オンライン一括査定サービス」です。

オンライン一括査定サービスとは、
売りたい車の情報を入力すると、自分の地域の各買取業者が、
それぞれ見積もりを出してくれるサービスです。もちろん無料で利用できます。

 

数ある中でもオススメの一括査定サービスはかんたん車査定ガイドです。

かんたん車査定ガイド 鉄板です!

sateibotan
サブコンテンツ

このページの先頭へ